不動産用語集

ワンルームマンション投資

一棟丸ごとマンションを買うのではなく、投資用に建てられた一棟のマンションの一室を買い、貸して家賃を受け取る不動産投資。
少額で済むため、一時さかんに行われました。



投資用ワンルームマンション、バブルの頃、地方でもドンドン建てられました。
今は昔の話ですね。今では、大都市はともかく、地方では姿を消してしまいました。

北九州では、新築で新規分譲されるマンションは、ほぼ実需のマンションです。


地方では、新築ワンルームマンション投資が投資にならないことが分かり、建てられなくなった訳ですが、すでに建てられているワンルームを中古で買って貸すのは、これはわりと率的にいい投資なのではと思います。


新築時に1000万円近くして、家賃5万円利回り6%で、
売られていたマンションが、200万円前後ですから。

家賃も落ちてますが、表面利回りで、15%~20%回りますから、現金で購入するなら固定資産税・空室損もろもろ考えても、6~7年で元金回収できる計算になります。


その後は貸した分だけ、利益になる訳で、少額でやれること、手間暇がかからないこと、元金が確実に回収できる見込みの投資など、そうは無いことなどなど考えると、色々ある投資のなかでも、比較的魅力のある投資ではと思う訳ですが、やる人は少ないようです。


新築時の6割程度になった家賃が受け入れられず、相場とかけ離れた募集家賃で入居者が数年つかないマンション持主から、新築時価格の2割程度で購入する。


悪い話しではないと思います。
中古ワンルームマンション投資、一度検討してみられてはいかがでしょうか?

ホーム会社案内お問い合わせ個人情報の取扱いサイトマップ

このページのトップへ