不動産ブログ

水路はどこでしょう?の巻

Date:2020年3月30日|Category:不動産売却・買取の話し,北九州市の不動産王への道

売主のおじいさんが、明治時代か大正時代から、
住んでいたというお家を、昨年当社で購入しました。

井戸

解体すると固定資産税も高くなるので、そのままにしていましたが、
最近は、時にものすごい突風が吹いたりする事があるので、
ご近所に迷惑をかけてもいけないと、
先日解体しました。

このままの状態で、貸地にでもしようかと考えましたが、
すぐお隣が貸地でしばらく借り手がつかずに出ていますので、
あえて競合することも無いと、
売却することにして、測量をお願いし、
本日、官民境界立会・民民境界立会で現地に行ってきました。

この土地、見ても分からないのですが、
暗渠になった水路が宅地内を通っていまして、
前の所有者が水路を取り込んでいる状態です。

水路



水路探してます

が、しかし、区役所のほうでも水路に関する資料がないとの事で、
現地がこの状態なので、境界確定できませんでした。

その後、測量事務所と役所の担当者で、字図では宅内で枝分かれしていながら
実際に現地では片方は廃止されている水路を、
付替えで申請するか、払下げで申請するかの話し合い。ここまでで約40分。

それが終わって、隣地の立会、これは5年ほど前に分筆登記されているので、
すぐ終わると思っていましたが、昔からのいきさつみたいなのを語り始められて
約30分。

元の売主さんからは、お隣の人に境界や進入路の件で、ずいぶんいじめられたような
話しを購入時に聞いていましたが、お隣さんに言わせると、まるで逆です。

不動産屋をやっていると、こんな話はしょっちゅうで、
どっちにも言い分があり、どちらの話しも片方が100%正しいなんて事じゃないことが、
分かってきます。

けっこうね、面白いんですよ、不動産の仕事。

北九州市内・近郊の不動産のご相談は 有限会社 アムズ 0120-03-2103

文化住宅

Date:2020年3月21日|Category:不動産売却・買取の話し,北九州市の不動産王への道

久々に見ました、
浴室が外部に別棟でついているアパート。

建物内に共同風呂がついているアパートはまだ新しくて、
もう少し古い型の文化住宅は、共同風呂が別棟になっています。

多分、風呂無しアパートだったのを、別棟でお風呂を作り、
共同風呂付アパートにしたのだと思います。

田舎の家はトイレ・風呂が別棟になっていますが、
これは便所が汲み取り、風呂が薪の時代に、
居室ににおいが流れてきたり、
風の強い日に、薪で火事になったりするのを防ぐためです。

しかしこの文化住宅タイプのアパートは、
風呂無しでも入居希望者がわんさか居た時に建てられたもので、
時代が下って、風呂無しではなかなか借り手が付かなくなった時に
あとから別棟でお風呂を作ったものです。(勝手な推測)

私が不動産業界に入った昭和の後期には、
既にこのタイプは珍しくなっていましたが、
令和の時代になってもまだ存在したんですね。

なつかしいなぁ~。と思いながら周辺をウロウロしていたのですが、
このアパート、入居している人がまだ何人かいます。

文化住宅




大変うれしい、売却のご依頼ですが、
立ち退き難航しそうな予感。





北九州の不動産の事なら有限会社 アムズ 0120-03-2103

北九州市小倉北区中井四丁目1番11号 有限会社 アムズ

コロナで引渡日決められず契約宙吊りの巻

Date:2020年3月12日|Category:不動産売却・買取の話し,北九州市の不動産王への道



買い替えのお客様の売却マンション、
購入希望のお客様がついてローン事前審査もおりているのですが、
契約出来ずにいます。


買い替え先の新築住宅に便器がいつ入るか、中国で生産しているらしく、
住宅メーカーのほうでも全く見当がつかないからです。


売主さんも便器がつかない事には引越しが出来ません。



引越し先の新築に、いつトイレが入るのかメドが立たない。

引越しが出来ないので、売却予定のマンションの引渡日が分からない

購入者も引渡日が分からないでは契約を躊躇

みたいな感じになっています。




コロナウイルス早く収束して欲しいですが、現時点ではその兆しはありません。


誰に文句言うわけにもいかず、
世の中何があるか分かりませんねぇ。

北九州市内・近郊の不動産のご相談は 有限会社 アムズ 0120-03-2103


成年後見人の物件、無事残金決済終わった!の巻

Date:2019年12月19日|Category:不動産売却・買取の話し,北九州市の不動産王への道



認知症で成年後見人がついている人の
自宅売却で裁判所の許可が必要な案件の
残金決済が終わった。


二人の共有物件だったけど、
両人とも認知症。


共有者それぞれに成年後見人がついていて
それぞれ居住地が違ったので、
許可を取らないといけない裁判所も別々。


その他、後見人が売却に難色を示したりしたので、
当初予定より一ケ月程ずれこんでしまった。


解体渡しで取引する予定だったけど、
次の買い手さんも決まっていて、
来春には新築入居希望なので、
建物解体中で未了だけど
とりあえず残金決済した。


これから、土地の分筆合筆、地積更正があるので、
解体を待って決済していたのでは
スケジュール的に間に合わなかったから。


一週間程度で当社名義になるだろうから、
それから分筆合筆、地積更正。


所有権移転登記の司法書士事務所と、
分筆などを担当する土地家屋士事務所が同一なので
多少はスムーズに進むだろうが、年内に分合筆、地積更正までは
終わるかどうか微妙かな?と思う。



まだまだやることあるけれど、とりあえず数コマ進んだ。

北九州の不動産の事なら有限会社 アムズ 0120-03-2103

北九州市小倉北区中井四丁目1番11号 有限会社 アムズ

RC一棟マンション売りました!の巻

Date:2019年12月15日|Category:不動産売却・買取の話し,北九州市の不動産王への道


11月末にRC一棟マンション+軽鉄4戸1アパート2棟を購入したので、
入れ替わりに先日RC一棟物を売却。


一棟購入したら、一棟売却。
あるいは、一棟売却したら、一棟購入。



そんなペースで売買出来たら理想です。



現実はそんなにうまくはいきませんが。


北九州の不動産の事なら有限会社 アムズ 0120-03-2103

北九州市小倉北区中井四丁目1番11号 有限会社 アムズ

1 2 3 4 25

ホーム会社案内お問い合わせ個人情報の取扱いサイトマップ

このページのトップへ