不動産ブログ

永住型マンションへの疑問

Date:2005年10月29日|Category:どうでもいい事

人気ブログランキング参戦中!クリックお願いいたします。↓↓

人気blogランキング、北九州の不動産王への道に一票



---------------------------------------------—

本日は土曜日。

土曜日といえば、売買型不動産業者にとっては、一週間で一番忙しい日です。



本日も不動産業者・ハウスメーカー・マンション業者ともに、それぞれチラシを折り込んでおりました。



このチラシ、多い時には、10枚以上になることもありますが、本日あるマンションのチラシに目がとまりました。





「永住型マンション」



最近ボツボツ、永住を謳うマンションが、出てきましたね。





そこで疑問。



なぜ、永住を謳うマンションなのに、トイレが2箇所無いのか?(爆)



戸建では、最近常識化してきている感のある、一軒に2ヶ所のトイレなのに??



マンションの住民はハイグレードだから、トイレは要らないとでも言うつもりなのか?(爆)



この点について、常時おなかのゆるい私としては、非常に疑問に思っとる訳です。(爆)

ウンコたれは(失礼)、高級マンションには似合わないとでも、言うつもりなのかと・・。(爆・爆)



正直な話、壁の厚さや床の厚さ、間仕切りの可変性より、気になります。(更に爆)





で、マンション業者の方へ、言いたい。





永住型マンションを謳うなら、



「せめて、トイレを2ヶ所造ってね!!」



っと。(爆・爆)



---------------------------------------------

追記

10月9日から参戦しているブログランキング。

皆様のお陰で、参戦後3週間ほどで、50位前後に定着しております。

誠に、ありがとうございます。



が、



しか?し、



率直な気持ち、もっと上に行きたい。



そう思っとる今日この頃です。



でありますから、例えば本日のトイレ2ヶ所の話し、「お前の言うとおり、もっともだ。マンションでもトイレは2つ無いと、ゆっくりウ○チも出来んじゃないの。」と思われたなら、ぜひこっちをクリックしてやってください。

北九州の不動産王への道に一票










(続きを読む…)

退職証明

Date:2005年10月28日|Category:当社の日常やお知らせ

人気ブログランキング参戦中!クリックお願いいたします。↓↓

人気blogランキング、北九州の不動産王への道に一票



---------------------------------------------—

宅建主任の手続きで、以前のそのまた前の会社の退職証明が必要と土木事務所に言われ、もらいに行ってきました。某ハウスメーカーであります。



数人の方と話し、ついでなので、今は別会社になっているこの会社のリフォーム会社の事務所にも顔を出すと、私が勤めていた頃の支店長がちょうど居ました。

今はこの会社の役員をされているとの事です。



懐かしかったですねえ、特にこの方には、仕事で鍛えらました。



昼飯をおごってもらい、いろいろ話して帰ってきましたが、私がまがりなりにも独立出来たのは、この会社に居たことが大きいです。



今振り返ってみても、この会社に入社した頃の私は、色々な面で社会常識に欠けたところのある人間でしたから(恥)、この会社で鍛えられなければ、立派な悪質不動産屋になっていたかもしれません。(爆)



戸建のリフォームはもちろん、流通店舗から、RCまで手がけているので、紹介をくれと言われましたが、せっかく独立したんだから、近いうちに何らかの仕事が出来れば良いなと思っています。



11年間お世話になりましたが、選択は間違っていなかった。改めてそう感じた一日でありました。






(続きを読む…)

全宅住宅ローンフラット35への提案

Date:2005年10月27日|Category:当社の日常やお知らせ

人気ブログランキング参戦中!クリックお願いいたします。↓↓

人気blogランキング、北九州の不動産王への道に一票



---------------------------------------------—

昨日フラット35について書きましたが、私なりに改善点を勝手に考えてみました。(爆)



融資自体は長期固定金利で、借入者本人の勤務先の大小、役職等、問わないもので良い。しかし、手続きをすべて仲介業者が代行しないといけない。

そうであれば、思うように融資件数が伸びないんじゃないか?

で、ここのところを、こうしたら良いんじゃなかろうかとの提案です。





1.宅建協会の各支部に、フラット35が分かる職員を置く。



2.フラット35の融資は8割融資なので、残り2割を融資する金融機関を探し、その金融機関にフラット35の手続きも依頼する。



2.フラット35の物件審査を手がける会社に、全宅ローン融資専門の担当者を置いてもらい、融資手続きと物件審査両方を同時に行ってもらう。



このうちのどれかを、実現してもらえたら、もっと使い易くなるのですが。



以上、勝手な要望でした。






(続きを読む…)

全宅住宅ローン:フラット35

Date:2005年10月26日|Category:当社の日常やお知らせ

人気ブログランキング参戦中!クリックお願いいたします。↓↓

人気blogランキング、北九州の不動産王への道に一票(お願い!!:爆)



---------------------------------------------—

宅地建物取引業協会が10月から始めた、全宅住宅ローン、フラット35に一件ローンの申し込みをしています。



このローン長期固定で、良いんですが、申し込んだ実感で言うと、不動産業者に根付きますかねえ??



なぜそう思うのか?



とにかく書類が多い。手続きが煩雑です。



私のように、昔ハウスメーカーにいたとか、あるいはマンション分譲の営業をしていた人間なら、ローン代行をした経験があるからさほど苦に感じないでしょうが、そうでなければこれだけの事務処理を、1仲介業者にさせるのは無理があるのでは?



通常なら銀行の担当がしている、書類チェックも全部仲介業者がしないといけないのは、結構負担に感じる業者が多いと思うのですが・・。



せっかく、中小零細不動産業者でも、提携と呼んで良いローンが出来たのに、もったいない気がします。



ここんとこ、なんとかなりませんかねえ。










(続きを読む…)

重要事項説明書

Date:2005年10月25日|Category:当社の日常やお知らせ

人気ブログランキング参戦中!クリックお願いいたします。↓↓

北九州の不動産王への道に一票



---------------------------------------------—



今、会社に残って中古マンションの重要事項説明書(重説:じゅうせつ)なるものを作成しています。





これは不動産の契約前に、購入客に対して、この物件はこんな物件ですよ、と説明する書類です。

具体的にいうと、抵当権がついてますとか、家が建てられない地域の土地ですとか、水道がきてません、他にもこんな法的制限がありますよと、説明するようになっている書類です。





で、これ、作るのが結構大変なんですよ。

きちんと記入するつもりなら、記入項目を調べるのに、たいそうな時間とられます。



昔は簡単な書面だったんですけどねえ。

トラブルが絶えないからでしょうね、どんどん説明綱目が増えて、詳細の説明をしなくてはいけないようになってきています。





でもねえ、私に言わせれば、いくら詳細項目を説明するように書式だけ変えても、トラブルは本当のところ減らないと思います。



なぜなら、詳細項目を説明するだけの、技量のある不動産業者が少ないからです。(爆)



なのに国はそこんところ分かっておらず、宅建主任者の試験で、実務経験者に下駄をはかすよう条件を緩和しています。



なんでも、不動産業界に主任者が少ないから、増やさないといけないかららしいです。



実際の現場が、全然分かっていません。(爆)



不動産のトラブルを減らしたいなら、試験を難しくするべきですね。

弁護士試験や税理士試験程度にまで難しくすると、宅建主任者が居なくなるので(爆)、そこまでしろとは言いませんが、せめて現行の水準は保つべきです。



さらに言うなら、現在の免許業者も含め、不動産業界の人間全員に試験を受けさせ、一定点以下の業者からは免許を剥奪するようにすれば、トラブルは大幅に減ることになるはずです。



一方では試験条件を緩和して、知識の無い者を合格させ、その一方ではそんな試験にも合格できない程度の人間には、書けるはずも無い詳細な書式を書くよう要求する。



やってることが、支離滅裂だと思うんですが・・・。(爆)




(続きを読む…)

ホーム会社案内お問い合わせ個人情報の取扱いサイトマップ

このページのトップへ